パソコンとPS4で使えるゲームパッドを買って使ってみた感想

こんにちわーたるぱそです。

パソコンでゲームがやりたいという想いから、9月に予算10万円でゲームパソコンを自作しました。それから約3週間、毎日のようにFF14とマイクラを遊んでいます。

どちらも楽しい。

FF14はまだ新生エオルゼアの部分でクルザスに入ったところです。

サブクエが多くてメインシナリオ忘れそうですけどIDとかで他のプレイヤーと一緒に戦ったり、リムサロミンサのエーテライト付近でぼーっとしてるのは楽しいです。

マイクラは影modを入れたりしつつ、村人を増やしたり、建物を作ってのんびり遊んでいます。

パソコンでゲームをやるにあたってゲームパッドを購入して使ってみたので感想を残しておこうと思います。

PS4の純正品ゲームパッドが使える

PS4

まず最初に結論から書くとPS4を持っている人は、PS4を買ったときに付属してくるゲームパッドをパソコンとUSBでつなぐことでそのまま使うことができます。

そして。PS4でがっつりゲームをやってきた人にとっては、PS4のゲームパッドをそのまま使うのが一番しっくりときます。

特にFF14などのL1やL2、R1やR2ボタンをたくさん使うゲームをするときに、人差し指だけで押したい人にはPS4の純正のゲームパッドが適しています。

なぜなら他のゲームパットだと、L1とL2が少し離れていて、人差し指と中指でそれぞれを押すというような感じになるからです。

私はゲームパッドを購入して、ほかのゲームパッドを使ってからその事実に気が付きました、、、。

純正品のゲームパッドはいろいろなゲーム、で使われるであろうボタンの配置についてや、使う人の手の大きさなどもしっかりと考慮した結果としてこの形になっているんだと感心しました。

まぁ、自分がPS4で使っているゲームパッドは、3年くらい使っているので左スティックが調子が悪くて時々反応しなかったりするのでちょうどよかったと思うことにします。

エレコムのゲームパットは大きい

ゲームパソコンを買った数日後に、仕事帰りにエディオンでエレコムのゲームパッド(JC-U4013SBK)を衝動買いしました。

FF14の体験版をすでにダウンロードしていて、すぐにやりたいと思っていたのでアマゾンではなくお店で3,000円くらいで購入しました。

なぜこのゲームパッドを買ったかというと、Windows10に対応していて連射機能もあると書かれていて有線のパソコンようのゲームパッドがコレだけだったからです。

このときにPS4のゲームパッドがパソコンでも使えることを知っていたら、純正品を買っていました。

ゲームパッドは有線のものと無線のものとありますが、自分は有線派です。

所持しているPS4のゲームパッドは無線でもつなげますが、無線だと時々ボタンやスティックが反応しなくなるということがあったからです。

エディオンで買ったゲームパッドは、エレコムのホームページからドライバをインストールして少し使ってみました。

参考:エレコムのゲームパッドのドライバのインストールページ

率直な感想としては自分の手には若干大きすぎました。

ゲームパッド

私は身長170cmで手の大きさはいたって普通ですが、今回買ったエレコムのゲームパッドはFF14のようにLやRボタンをたくさん使うにゲームには不向きです。

自分手だとPS4の純正品のゲームパッドがサイズ的にしっくりくるので、それだと小さいと感じている手の大きい人には向いているかもしれません。

それとLやRボタンが少し固いので押すときに力がいります。

2日使ってみて、自分には合わないと感じて他のゲームパッドを購入することにしました。

Blitzlのゲームパッドの感想

エレコムのゲームパッドの次に買ったのはBlitzlの有線のゲームパッドで、こちらはパソコンとPS4で使うことができます。

このゲームパッドは人間工学に基づき設計されていて、肌触りもよくて自分の手のサイズにもちょうどいい感じです。

そして購入時は3年間保証付きで価格も2,000円以下だったのでコストパフォーマンスもよかったです。

ただ、L1とL2ボタンが少し離れているのでFF14だと人差し指でL2ボタンを押すという持ち方のほうが楽なので、それに慣れるまで違和感があります。

有線なのでUSBに差し込むだけで使えます。

最初にPS4につなげたときに、一部のボタンが反応しないということがありあせりましたが、PS4にゲームパッドをつなげたまま再起動したら普通に使えるようになりました。

今この記事を書いている現時点でPS4のシステムソフトウェアはバージョン7ですが使えています。

近くにPS4の純正品のゲームパッドを置いていたので、そちらに反応してしまっていたことが原因だと思います。

それと、純正品とは違い、PSと書いてあるボタンを押してもPS4は起動しないので、PS4を起動するときには本体のボタンを押す必要があります。

パソコンでこのゲームパッドを使う場合には、ゲーム内で最初にゲームパッドの設定をする必要があります。

私が遊んでいるFF14だと、システムコンフィグのゲームパッドの設定のボタンキャリブレーションからおこなえます。

マイクラでゲームパッドを使うには

私は自作したゲームパソコンで、FF14とマイクラを遊んでいますが、FF14はゲームパッド、マイクラはキーボードとマウスを使っています。

パソコンゲームの中には、ゲームパッドを使えない物もあります。

マイクラのようにJoyToKeyというユーティリティソフトを使うことで、ゲームパッドに対応してないゲームもゲームパッドで遊ぶことができるようになることがあります。

参考:JoyToKey公式ホームページ

私はマイクラはキーボードとマウスで不自由なく遊べているのでいまのところJoyToKeyは利用していません。

ゲームパッドに対応していないゲームは、キーボードとマウスで遊ぶことを前提に作られているので、自分が慣れてしまったほうが楽だと思っています。

理想のゲームパッドを求めて

今回はPS4とエレコムとBlitzlのゲームパッドについて書きました。

ゲームパッドは個人的には消耗品だと思っていて、1年くらいがっつり使えばスティック部分などが壊れるのは仕方がないとあきらめています。

Blitzlのゲームパッドで満足していますが、アマゾンでいろいろなゲームパッドを見ているうちに気になったゲームパッドもいくつかあります。

お財布に余裕のある時に買ってみて、実際に使ってみてまた感想をブログに書いてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です